ARCHIVE LIST

Round 7 Fuji 2017.9.1 - 2

2017.06.04

鮮烈デビュー戦!堂々の第4位入賞!

【TEAM】 #130 Netz Aomori Apple Racing (ネッツ青森アップルレーシング)
【車両名】ネッツ青森アップルRC86
【CAR】86 Racing(ZN6)
【DRIVER】松井宏太(Kota Matsui)
【TIRE】YOKOHAMA ADVAN A052
【WHILL】Weds sports SA-15R
【天候(路面)】晴れ(DRY)
【気温】22度

 予選を上々の結果で終え、チームは最高の雰囲気で決勝日を迎えた。 

決勝レースを前に、VivaC team TSUCHIYAのドライバーとして昨年のSUPER GT300においてシリーズチャンピオンを獲得し、今年は同チームの監督を務める土屋武士氏と、同じく昨年のGT300チャンピオンで松井宏太選手の実兄である松井孝允氏が応援に駆け付け、パドックは活気にわいた。午後の決勝レースに備え、マシンの最終チェックを入念に行う。 

 いよいよ決勝レースが始まる。表彰台へのチャンスは十分にある。大きな期待を背に、松井選手が5番目のスタートグリッドへ着く。フォーメーションラップを経て、緊張感に包まれる中スタートの瞬間を待つ。午後1時35分、シグナルのブラックアウトとともに、45台が一斉にスタートを切って決勝レースが始まった!ほんの一瞬スタートで出遅れてしまった松井選手は立ち上がりの1コーナー、#758岩本選手にインから抜かれ、6番手へと順位を落としてしまう。辛くも6番手を維持し迎えたLAP4、4番手に位置していた神谷選手が1コーナーでマシントラブルにより大きく膨らみ、その間に松井選手は5番手へポジションを上げる。先頭集団3台に対し若干の距離を置き、岩本選手と4番手争いを繰り広げる展開となっていった。先を走る岩本選手だが、コーナリングが不得手とみられ4番手争いを繰り広げる間に先頭集団とはすこしずつ距離が引き離されていく。やきもきとした状況が続いたが、LAP8のプリウスコーナーでやや外へ膨らんだ岩本選手を一気にパスし、ようやく4番手を奪い取ることに成功。しかしその間に先頭集団へ引き離されたリードは大きく、残りの2週で挽回する事は出来ず4位でフィニッシュ。 

 最終的な結果として、4番グリッドからスタートの#126庄司選手が自身初優勝を獲得、第2位は#84橋本選手、ポールポジションだった菱井選手は第3位と波乱のレースとなった。

 86レースへの挑戦は、今後へ大きな期待を感じられるかたちでスタートを切った。まだまだ課題は多いが、上位とも渡り合えるということが今回のレースを通じて確信できた。次戦はヴィッツレースを通じても一度も経験のない十勝スピードウェイでのレースだが、自信をもって臨みたい。 

★松井宏太選手からのコメント
 6月3日予選。前日の練習のイメージ通りに走るため、速い神谷選手の車両へついていき、走行を開始。実際に全車と間隔も開けると同時に、入念にタイヤに熱を入れました。アタック開始と同時に、タイムもよく連続アタックをしましたが、トップとは0.2秒差の3番手で終了。前日の事を考えるとかなり良い結果となりました。 

 6月4日決勝。アウト側5番手スタート。スタートと同時に加速をしましたが、1台にパスされ6番手で周回を重ねている際、神谷選手が車両トラブルで後退。前車をパスするポイントを探し、残り2週のプリウスコーナーで仕掛け抜くことができました。その際に少し接触もありましたがポジションを守り、4位でゴールとなりました。 

 初戦で4位というのはいい結果ですが、まだ上には速い方がいるのでしっかり次戦以降も頑張りたいと思います。今回、車両の準備や運営をして頂いた、ネッツトヨタ青森の皆様、トヨタ部品東北共販様、スタッフや応援を頂いた皆様に感謝いたします。今後ともよろしくお願いいたします。 

2017.06.03

6月3日(土)、公式予選結果

【天気(路面)】晴れ(DRY)

【気温】19度

 予選レース前日の練習走行。マシンのメンテナンスは綿密に進めてきたが、足回りの調整だけはなかなか納得のいく状態にたどり着けない。最後の練習走行はLAP2分10秒台と、上位に食い込む為には程遠いタイムで終える。再度足回りのセッティングを行うが、実走で試すことができない為予選レースに向けて不安を残してしまう。

 予選レースは、全90台のうち45台ずつの二組に分かれてタイムアタックを行い、上位45台が決勝レースへ駒を進められる。予選・決勝のタイヤは同一個体でなければならず、いかに早い段階でベストラップを記録し、タイヤの消耗を抑えるかが決勝レースのカギとなる。

 午前10時40分、いよいよ予選レースが始まった。コースイン直後から、シリーズランキング2位に位置している#38神谷選手の走行ラインをなぞるようにして後を追う。最後の調整が奏功してか足回りは安定し、練習走行での不安を感じさせないキビキビとした走行をみせる。神谷選手は2分7秒183のタイムをたたき出し、トップに立つ。次いで#130松井選手が2分7秒368のタイムをマークし、2番手へ。松井選手は4ラップ目にたたき出したそのタイムでアタックを終え、ピットイン。しかしその直後、第二戦オートポリスで優勝を果たしている#771菱井選手が2分7秒007をマークし、トップへ躍り出た。最終的に、2つの予選組の結果をあわせて総合で菱井選手がポールポジションを獲得、松井選手は5番グリッドからのスタートが決定した!