レース結果

2016年 東北シリーズ第2戦 スポーツランドSUGO 7月10日(日)

激闘の大混戦は、辛くも第二位!
GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race2016第二戦が、宮城県スポーツランドSUGOにて開催された。
終始激しい攻防となった大混戦は、トラブルに見舞われながら辛くも二位を死守した。

ネッツ青森アップルレーシング

Round02

7月10日(日)公式予選 天候(晴れ)路面(ドライ)気温(26℃)

前日の練習走行時の雨天と打って変わって、梅雨が明けたかのような晴天が広がったスポーツランドSUGO。路面はドライコンディションだが、会場全体は蒸し暑さに包まれている。全20台による15分間のタイムアタックは、午前10時20分より始まる。予選レースのポイントは、ポールポジションを獲得することは当然だが、決勝レースに向けてタイヤの摩耗を最小限に抑えることにある。いかに少ないラップ数でベストタイムをマークできるかが決勝レースでの運命を左右する。
定刻どおり予選レースがスタート。早々、♯283加藤選手がトップタイムをマーク、そして最大のライバルであり今シーズン開幕戦ダブルヘッダーを制した♯34渡辺選手が次点で続く。♯130松井選手は、アタック2ラップ目にトップへ立つことに成功!ベストタイムを確信した松井選手は、そのラップを終えるとピットへ戻り予選での走行を終える。ライバルの選手たちがアタックを続ける中、3番手に甘んじていた渡辺選手が2位までポジションを上げる。ベテランの強豪♯8イシカワ選手らも粘り強く最後までアタックを続けるが、最終的に松井選手が記録した1,51.505がベストタイムとなり、ポールポジションを獲得!2位に渡辺選手、3位には加藤選手が続く結果となった。
目論見どおり最小のラップ数でタイヤの消費を抑えることができたことで、これ以上ない最高の展開で予選を終えた。

Round02

7月10日(日)決勝 天候(くもり)路面(ドライ)気温(29℃)

予選終了から約3時間のインターバルで行われた決勝レースは、誰もが予想できなかった程の激闘となった。
13時20分、全車コースイン。緊張感に包まれる中、シグナルのブラックアウトともに20台が一斉にスタート!しっかりとスタートを決めた松井選手は、まずは危なげなく1コーナーをクリア。渡辺選手、加藤選手と予選の順位通りにそれぞれ後を追う。その後ろでは7番グリッドの♯16橋本選手が好スタートを決め、一挙に5番手までポジションをアップする。2番手の渡辺選手が逃げる松井選手へ対し、幾度もアタックを仕掛け続ける。松井選手はそのたびに冷静なブロックでかわすが、2週目の第1コーナー、アウトから攻める渡辺選手とインから守りに入った松井選手が激しく接触。助手席側のホイールや足回り全体に大きなダメージを受けてしまう。そして3周目の最終コーナー直後、ぴったりと後ろについていた渡辺選手がストレートで一気に追い抜きにかかり、トップを奪われてしまう。その直後、渡辺選手に対しペナルティが告げられる。ジャンプスタート、つまりフライングの判定だ。続くラップで渡辺選手はドライビングスルーの為、ピットロードを制限速度で走行せざるを得ず、松井選手が再びトップに立つ。最大のライバルが思わぬ形で戦線を離脱し、後半戦は逃げる松井選手に続き表彰台常連のイシカワ選手・7番手から徐々に順位をあげたダークホース橋本選手と、経験豊富なベテラン2名が追う展開となった。3選手の距離に、ほとんど差はない。3番手に位置していた橋本選手が6週目最終コーナー、イシカワ選手をパスし松井選手を猛追する。2週目での損傷の影響によって劣悪なコンディションにも関わらず、なんとかここまで首位を守り続けた松井選手だったが、9週目の馬の背コーナー、橋本選手に並ばれ、ついに力尽きる―。その後も負けじと猛プッシュを続けるが、及ばず再びトップに返り咲く事は出来なかった。表彰台の一番高い場所は目前だったが、あと一歩及ばなかった。
最終的に、7番グリッドからスタートの橋本選手が北海道シリーズ第一戦に続き2大会連続の第1位。2位は松井選手、3位はイシカワ選手という結果となった。

第二戦は壮絶な争いの中なんとか2位を死守した。松井選手はレース後の表彰台、他の選手が笑顔を見せる中ただ一人くやしさそのものの表情をうかべていた。チームの誰もがこれまでのレース以上に悔しい思いをしたが、やはりドライバーとしての無念は格段に強いはずだ。
残り一戦を残すのみとなったが、今回の結果をうけてシリーズチャンピオン争いは混沌の様相だ。トップに立っていた渡辺選手が2位に陥落、松井選手が3ポイント差の47ポイントでトップの座を奪った。そして3位以下34ポイントのイシカワ選手、32ポイントの橋本選手と、上位4選手にシリーズチャンピオンの可能性が残されている。つまり、最後のレースを制した者が、シリーズチャンピオンの栄冠を手にすることができる。最終戦はこのレースに引き続き、厳しいレースとなるであろう。昨年のシリーズチャンピオンとして、最後まで堂々とした走りで戦っていきたい。

応援ありがとうございました!
ネッツ青森 アップルレーシング

車両名/ネッツ青森アップルRC Vitz
CAR/Vitz RS TRD-Racing (NCP131)
DRIVER/松井 宏太(Kota Matsui)
TIRE/GOOD YEAR EAGLE RS SPORTS SPECⅡ
WHILL/Kosei K1 Racing TS version

  1. ネッツトヨタ青森ホーム »
  2. Netz Aomori Apple Racingホーム »
  3. レース結果 »
  4. 2016年 東北シリーズ第2戦 スポーツランドSUGO 7月10日(日)
Check